ブログトップ

宇宙人と呼ばれる社長のブログ

kryna.exblog.jp

KRYNA 代表 伊奈 龍慶

電源について

装置自体もそれぞれ置き方があり、それぞれの法則がありますが
今回は色々な方々から「電源について書いて欲しい」と
ご要望をいただきましたので、早速概要を書いていきたいと思います。

電源には、単相100V、単相200V、三相200V(動力)があり、

単相100V < 単相200V < 三相200V

の順に良かったと思います。
ただ、三相200Vを100Vに変換するトランスは
非常に高価ですし、一般家庭で動力はあまり入っていないので
現実的ではないと思います。
一般的には、単相200Vがよいと思います。

電源200Vにして電源トランスにで100Vもしくは200Vにする。
トランスはもちろん単巻ではなく、複巻がありますが
オーディオの場合は当然複巻を使用する事は当たり前ですが
大きさが2~3倍になるのが欠点です。

d0111160_1945566.jpg


装置も入力電圧が

100V < 120V < 200V < 240V

の順によくなります。その為に装置はMF(改造)が必要になります。
一度240Vの音を聞くと、もう100Vには戻せません。
ですから、日本は世界中で一番音が悪く、
東京では50Hzという事ですから、電源に限ってはワースト1でしょう。
でもそんなワースト1で「ベスト1」の音をつくりたいものです。
[PR]
by kryna | 2007-06-16 19:46 | オーディオ