ブログトップ

宇宙人と呼ばれる社長のブログ

kryna.exblog.jp

KRYNA 代表 伊奈 龍慶

音像と映像は同じように


映像は良くわかるのですが…と言っていますが、
本当に正しい色がわかりますか?
こんな質問をしたところ、どのくらいの人がわかるだろうか?
映像の良し悪しを理解できているだろうか?

毎日見ている色や映像も、テレビで映すとこんな感じだとか、
あんな感じだとか人によって千差万別です。

赤、青、緑の色によって白をつくります。
その白色でさえも千差万別でわからなくなります。
我々は曖昧さの中で白と呼んでいる様です。

本当の白は加色法によっても、減色法によっても違ってきます。
映像の場合ではバイオリンの映像を目で見て確認できるので、
バイオリンの音が少々違ってもバイオリンの音に聞こえています。

でも、音だけだったらどうでしょう?

マイクを通ってスピーカーから出る音を
これがバイオリンの音だと思い込んで聴いているのがほとんどです。

では、どうやったらわかるのでしょう?

それは、今までのオーディオ概念を捨て、肩の力を抜いて聴いてみてください。
意外と音がわかるようになるのでは・・・?
もし音が、音の像が見えて三次元になっているのがわかったら
その時点でオーディオの100傑に入れますよ!
[PR]
by kryna | 2008-01-31 19:15 | オーディオ