ブログトップ

宇宙人と呼ばれる社長のブログ

kryna.exblog.jp

KRYNA 代表 伊奈 龍慶

真空管アンプは音の立ち上がりが遅い?


なぜ私が真空管アンプを選ぶのか?

それは、第一の理由でもありますが
正常な音に立ち上がるまで、30分くらいしかかからないことです。

ですから、会社から帰ってまず最初に電源を入れます。
食事が終ると、スタンバイOK。ということになります。

トランジスタなど、半導体のアンプなどは
電源SWを常に切らないでいなければなりません。

我々は、トランジスタアンプの試聴会の場合は、
前日からスイッチを切りません。
その位、正常な音になるまでには時間がかかり、
高価なプリアンプ等はパワースイッチが無いものが大半です。

一度、チューブアンプ(真空管アンプ)を使用してみてはいかがですか?
[PR]
by kryna | 2008-07-03 19:43 | オーディオ