ブログトップ

宇宙人と呼ばれる社長のブログ

kryna.exblog.jp

KRYNA 代表 伊奈 龍慶

真空管アンプはスピーカーを破損しにくい。


真空管アンプはアウトプットトランスからの出力のため、直流が入りにくくなります。
下図のように、出力が直接繋がっていないため、
直流分によるスピーカーの破損はなくなります。

d0111160_19345633.jpg


大切なスピーカーを一生聴く為には、最善の方法だと思います。

でも、残念なことにトランスの性能に左右されます。
F特のよいものを選んでください。

パワーアンプだと180kHzぐらいは出力できると思いますが
ラインアンプであれば、400kHz位のびてくると思います。

広帯域にする理由があるからです。
[PR]
by kryna | 2008-07-12 19:45 | オーディオ